ヨガで呼吸を深められない人が、ついついやってしまうこと

こんにちは!
深い呼吸(Deep Breath Yoga)専門アドバイザーのMAIです。

はじめましての方はこちらから

 

実はLINE限定でお伝えしたのですが
先日から
「呼吸で美ボディメイクコース」を開始しました♡
(限定3名様で、その日に満員となりました!
追加募集は4月にご案内しますね^^)

このコースは、1対1のマンツーマンヨガレッスンですが通常のヨガレッスンとは少し異なり、

とにかく「呼吸を深めること」
徹底的にアプローチします!

先日初めて受講してくださったA様は
こんなお悩みがありました。

舞さん、私身体が硬すぎるんです・・・。
このままじゃだめだと思って、見様見真似でヨガやストレッチをやってるんですが、効果がよく分からなくて。
あと身体のラインが華奢で、人に見せることが恥ずかしいんです。
女性らしいメリハリのボディラインと身体の不調を改善出来たら最高なんですが、出来ますか?

と不安そうでした・・・

ですが!

いざ1回目のレッスンが終わると
嬉しい変化が・・・♡

普段猫背気味で呼吸が浅い状態から
無意識でも姿勢が整い
深い呼吸ができるポジションになり

気になるヒップラインが
目に見えて上に引きあがり

背骨を伸ばそうと頑張ると、前のめりになる姿勢が
自然と背骨を真っ直ぐ伸ばせる姿勢になったり

1回のレッスンでこの変化は、私も嬉しい~!!

↓実際のA様の嬉しいお声

ありがとうございます!
気持ち良い深い呼吸で
身体の不調を改善できるなんて最高ですよね♡

呼吸が深められない人が
ついついやってしまうこととは?

先ほどご紹介したAさんは
日頃から呼吸を浅いと感じていていました。

いざ呼吸を深めよう!と思っても
具体的にどうやればいいのかが分からず困っていました。

ヨガを続ける私も実は
同じような悩みを抱えていました。

「ヨガは深い呼吸が大事」と頭で分かっていても
呼吸を深める具体的な方法がよく分からない・・・

実は過去の私や、Aさんのような
呼吸が深められない人には
いくつか共通していることがあります。

今回は代表的な2つをご紹介しますね^^

呼吸が深められない人の特徴①
アーサナの形にとらわれすぎている

アーサナとはヨガのポーズのこと。

ヨガはアーサナと呼吸で成り立っているといわれています。
アーサナを取りつつ、呼吸を整えることで
はじめてヨガといえるくらい、どちらもとても大切です。

ですが!

アーサナは、普段日常生活では絶対しないような動きをするので
アーサナを取ることそのものに集中しやすくなります。

特に、ヨガを続けていると
「先生と同じようにアーサナを取らなきゃ」
「チャレンジポーズやってやるぞ!」
「ポーズが出来た!(もしくは出来ない)」

こんな感情が生まれて
アーサナの形にとらわれやすくなります。
(はい、まさに過去の私です汗)

アーサナの形をいくら綺麗にとれても
呼吸が深められなければ意味がありません・・・

例えばアーサナの一つ、チェアポーズ
《NG例》

アーサナの形から整えようとすると
様々な弊害が・・・

・肋骨が開き、肩甲骨のポジションが安定しない
→肩こりの原因になる
・お尻を後ろに引こうとすると、腰が沿る
→腰痛の原因になる

これらを解消するためには
あらかじめ呼吸が深められるポジションに整えておくのが大切です。

《OK例》

ちなみに私は呼吸を深めるためであれば
チェアポーズで目線を上げる必要はないと考えています!

ヨガを日頃練習している方は
アーサナの形にとらわれるのではなく、
深い呼吸が出来るポジションを探すことを意識しましょう♡

呼吸が深められない人の特徴②
呼吸筋だけにアプローチしようとする

呼吸とは肺で行われる身体のガス交換のこと。

実は肺自体が空気を取り出して膨らみ、縮んだりすることはありません。
肺を覆う周りの筋肉がサポーターとなり、肺の活動を支えています。

サポーターとなる筋肉がいわゆる
呼吸筋

呼吸筋の筋肉とは

・横隔膜
・肋間筋
・胸鎖乳突筋
・腹横筋

などなど・・・・

これらの筋肉(呼吸筋)がうまく稼働すれば
呼吸が深まると考えることが出来そうです。

しかし

呼吸筋だけのアプローチだけでは
深い呼吸をすることは難しいのです。

なぜなら身体はつながり合っています。
筋肉のつながりを筋膜と言います。
(身体を覆うボディスーツのようなもの)

筋膜の解説ブログはこちらから

全身の筋膜のつながりから見ると
呼吸筋は、あらゆる筋肉につながり連動しています。

《代表的な筋膜のつながり》

呼吸筋をうまく稼働させたいのであれば、呼吸筋からつながり合う筋肉にもアプローチをすることが大事なのです。

 

 

いかがだったでしょうか??
今回も「深い呼吸」について解説をしました!

どんなことを学ぶにしても、私が大切にしているのは
なるべく大きく、全体やつながりを把握することです。

そう、それは
1本の木をじっと観察するのだけではなく
木々が集まる森全体を観察するように・・・♡

最後までご覧いただきありがとうございました♡

【重要なお知らせ】
■深い呼吸が出来ちゃう♡
無料動画配信中

↑バナークリックでご登録↑

\配信ラインナップ/
◆「深い呼吸ができる」実践動画(3本)
①胸式呼吸を深めるストレッチ動画
②腹式呼吸を深める腸腰筋マッサージ動画
③深い呼吸が出来るレッスン動画(ウォーリアⅡver)

◆ヨガ解剖学が苦手な方でも分かる優しい解説動画(2本)
①ヨガでバストアップをするためには?
②ヨガで下っ腹を改善するためには?

 

 

関連記事

  1. 1回のレッスンで、力まなくても呼吸が深まる身体になっちゃう秘…

  2. 30分で深い呼吸が実感できる秘密は!?

  3. 「自分ぴったりの深い呼吸診断テスト」無料プレゼント

  4. 深い呼吸をするためには、○○のつながりが大事!?

  5. しなやかな動きってどんな動き??

  6. ○○を整える!深い呼吸のためのアプローチ方法