痩せたいと思っていた頃の話|ヨガ哲学

こんにちは!
すっかり秋らしい気候になり過ごしやすくなりましたね。

秋は美味しい果物やスイーツがあり、目移りをしてしまいます~!
(昨日は友人からいただいた可愛すぎるケーキを美味しくいただきました♡)

今日は食欲が増す秋にふさわしい
食事ダイエットにまつわるお話をしたいと思います。

〇食べること、食事は幸せな瞬間

美味しいものを食べるのは本当に幸せな時間ですよね!

最近パーソナルヨガレッスンに来てくださる方にも
「幸せな瞬間はどんなときですか?」
と聞くと
「美味しいご飯を食べるとき!」
と答えてくれる方がとても多いのです。

私がなぜ「幸せな瞬間はどんなときですか?」
と聞く意図は、自分が心から幸せだと思うことを
日頃から意識して感じ取ってほしいからなんですよね^^

誰かに言われて選ぶとか
有名人がやってるから選ぶとかそういうことではなく

それを選ぶと自分の心がじわ~と温かくなったり
自然と笑みがこぼれたりする瞬間を感じ取って
そういう時間を増やしてほしいからなのです。

なので幸せな瞬間が
「美味しいご飯をたべるとき!」
と答えてくださった方は
自分の味覚や時には視覚(目で見て食事を楽しむこと)をフルに活用して
自分が喜ぶ瞬間を味わっていることなので、とても良いことだと私は感じています。

ただ、ついつい食べ過ぎたりすると一気に罪悪感が生まれませんか?

やばい

食べ過ぎた

このままだと太る・・・!!!(>_<)

この罪悪感に囚われて、万年ダイエッターの方も多いのかなと感じます汗
(仲良しの友人や仕事仲間と話すと、必ず「痩せたい」「ダイエット」というワードがめっちゃでてくる・・・)

 

〇私が試したダイエット方法

実は私も少し前までは、食事に対する罪悪感と痩せたいという意欲から万年ダイエッターでした
そのくせ食べることは好きで、うまく食事をコントロールできずに
その時の流行に乗っかっていろんなダイエット方法を試しました。

バナナがいいと言われれば、朝食はバナナだけしか食べなかったし
(全然続かない)

炭水化物を抜くと痩せると言われれば、白米の量を極端に減らして我慢したし
(夜おなかが減って結局お菓子とか食べるという、負のスパイラル)

1日10km自転車で意味もなく走り続けたり
(もはやなにをしたいのかわからない苦笑)

もう書いてて情けないと思うんだけど、本当いろんなことを試しました
(しかも全部今の段階でやってない・・・撃沈)

ヨガを始めたきっかけも、美容やダイエット目的だったので
ヨガをやってる人って
なんかかっこよくね?キラキラで素敵じゃんと
表面上だけ見て、本気で思ってました

だから知識が乏しいままヨガを練習し続け
身体が引き締まったり
痩せた?と人から言われて喜んで
ヨガを少しさぼったら太ったと感じ落胆したり
一喜一憂の日々でした

でもヨガを勉強し続けることで
本当の自分自身と向き合ったり、色んな文献や本を読んで学びを深めることで

私が痩せたい本当の理由がわかったのです
なぜ私が痩せたいと思ったのか・・・

 

〇私が痩せたかった本当の理由

それは・・・

周りの人から「綺麗」「スタイルいい」「かっこいい」と思われたかったからだったんです
憧れのモデルさんや女優さんみたいになったら、周りに褒められると思ってたんです

「承認欲求」が私のダイエットのエネルギー源だったと思うなー・・・

でも周りに容姿(体型)を褒められたり、認められることって
自分にとって本当の幸せなんだろうかと考えるようになりました

ヨガ聖典「ヨガスートラ」の中にこんな一説があります

世界の変化を見る存在と、観る力(五感と考え)の特徴を混同し
自分と心がまるで同一化してしまっているように見えることが、アミスター(自我、自意識)です

体、感覚、心は私たちが世界で生きるために使う道具であるとYOGAでは考えます

変化をする体(道具)の限界が自分自身の限界と思い込むこと=自我、自意識
が生まれることで人は悩みます

私が過去に他人の体と比べてコンプレックスを抱いたりしたのも
それが理由なのかな~と思います

体は私たちが世の中で成長するために使う道具であるとYOGAは教えてくれます

その大切な道具(体)のちょっとした変化(太ったり、痩せたりすること)に
振り回されるのはもったいないんですよね・・・

過去の私は
いつも私じゃない別の誰かの体型にあこがれて
追いかけて
私自身のことは無視していたのかなぁと感じています

なのでもし、自分の体型にコンプレックスを感じている方がいたら
なぜ自分はコンプレックスを抱いてしまっているのか
立ち止まって考えてみるのがいいと思います!

なぜ痩せたいんだろう
なぜ人と比べてしまうんだろう

自分と向き合い、原因を探し、それを受け入れる
そうすると
周りの目や人からの評価に振り回されていることに気づく人もいるんじゃないかな?

私が理想とする体は
ヨガの練習が心地よくできる、強く、しなやかな体です

周りの誰かやなにかに評価をもらうために、体を扱うのではありません

容姿にコンプレックスを抱いてる人が
少しでも参考にしていただければ嬉しいです

今日はここまで!
また更新します~^^

関連記事

  1. やりたいことが見つからないあなたへ|ヨガ哲学

  2. ヨガを学ぶ目的とは|ヨガ哲学

  3. ヨガの呼吸って腹式呼吸?胸式呼吸?結局どっちなの?

  4. 深い呼吸が誘導できる「Deep Breath Yoga 2d…

  5. パーソナルヨガスタジオdearlyme|自己紹介

  6. 今ここに意識を向けることとは|ヨガ哲学