「形だけのアーサナ」を教えるイントラから卒業できる!深い呼吸ができる誘導方法20選プレゼント

こんにちは!
Deep Breath(深い呼吸)専門アドバイザーのMAIです。

こんなお悩みありませんか?
ただアーサナの形を教えるだけのインストラクションから、抜け出したい。
呼吸のバリエーションが少なく、吸って、吐いてだけの誘導だけで終わってしまう。
解剖学を学んだけれど、筋肉や骨の名前を覚えるだけで精いっぱい。
正直、自分自身が深い呼吸が出来ているか自信がない。

私はヨガインストラクターとして活動を始めた当初
養成講座やTT(ティーチャートレーニング)で
アーサナの誘導方法や、解剖学を一通り学びました。

「この先生の誘導素敵だな~」と思ったら
その誘導を真似してレッスンで伝えたり

解剖学で学んだことを
そのままレッスンで伝えたりもしていました。

・・・・ですが

私はいつまで経っても自分のレッスンに自信が持てませんでした・・・泣

実際にレッスンを続けていくと自分のボキャブラリーの少なさを痛感したり

ただアーサナを伝えるだけになってしまい本当に生徒さんが気持ちよくヨガが練習できているのかな・・・
ともやもやすることがありました。

せっかく時間とお金をかけて学んだ知識がうまくレッスンで活かせないという葛藤もありました。

それでもヨガを学ぶことが好きだった私は
毎日コツコツ学び、練習を続けていきました。

すると・・・

ヨガや解剖学を学べば学ぶほど
深い呼吸をするための身体の仕組みを知ることが出来ました。

さらに
その知識を基にアーサナの練習を続けることで
いつの間にかスムーズにアーサナを誘導することが出来るようになっていました。

不安だった自分のレッスンが
「深い呼吸をする」という一つの目的に向かって誘導するように変えると

生徒さんから
「先生の誘導は分かりやすくて、いつも気持ち良く呼吸できる」
「苦手だったダウンドックが気持ち良かったー!」
「いつも違和感があったポーズが、気持ち良い感覚になった!」

と嬉しい言葉をいただくことが増えました。

そして自分自身も「深い呼吸をするためのアーサナ」を練習し続けることで
長年コンプレックスだった二の腕や下っ腹が改善し、しなやかな身体へと変化していきました。

また心が安定しやすくなり、イライラしていたこともすることが大幅に減り
身体と心が整うことを実感しました。

アーサナの形にこだわってヨガを伝えるのではなく
深い呼吸をするためのアーサナを伝えることが大切だ!

と気づいた私は、いくつかのポイントを絞ってこのリストを作成してみました。

アーサナ別深い呼吸ができる誘導方法20選とは?

このリストは
難しい解剖学を一から学ばなくても、深い呼吸をするための身体の使い方を知ることができます。

さらに、「吸って○○、吐いて○○」といったように具体的な呼吸誘導法がアーサナごとに書いてあるので、自身のヨガレッスンにすぐ活用できます。

今回は定番のアーサナ
5種類ダウンドッグ、コブラのポーズ、三日月のポーズ、戦士のポーズⅡ、キャットアンドカウ
にそれぞれ4つ呼吸誘導法をピックアップしました!
定番ポーズは誘導がマンネリ化しやすかったり、吸って、吐いての呼吸の誘導だけになりやすいですよね><

ぜひご自身のレッスン指導や、自分の練習に活用していただければ嬉しいです♡

 

さらにさらに・・・

定番のアーサナ5つを組み込んだプチシークエンス動画も合わせてプレゼントします
ポーズの流れや、実際の誘導方法がより分かりやすくなること間違いなしです!

 

ヨガのアーサナは数多く
そして伝え方も人それぞれです。

だからこそ私たちインストラクターは
何を指針にしたらいいのか分からず、迷うことがあります。

 

大切なのは、
目的を持ち、私たちインストラクターが自信を持ってヨガを伝えること
だと私は思います。

「深い呼吸」という目的を持ち
そのための身体の使い方をスムーズに誘導できるようになると、自分のレッスンに少しずつ自信を持つことが出来ますし
今まで学んだ解剖学や養成講座の内容も活かされていくはずです。

ヨガを学び、伝えるインストラクターの方々が
自信を持って自分の大好きなヨガを伝えられますように♡

プレゼントの受け取り方

下記URL(公式LINEアカウント)をクリックしお友達登録を2月2日以降にしていただくと自動的に
PDFファイルのダウンロードURLと動画をお送りいたします。

公式LINEアカウント

▼公式LINEで配信した内容
・ダウンドッグのための腕の使い方動画
・深い呼吸のための横隔膜マッサージ動画
・深い呼吸をするためのチェアポーズ解説動画
・深い呼吸をするためのウォーリアⅡシークエンス動画
・身体の中はまるで○○!?深い呼吸をするための、身体のつながりを知る動画
などなど・・・

深い呼吸をするための身体の使い方を知りたい方は、ぜひご登録ください!

======================
レギュラーレッスンのご予約はこちらから
======================
オンライングループレッスン

パーソナルレッスン

 

関連記事

  1. 深い呼吸が出来る人、出来ない人

  2. 「自分ぴったりの深い呼吸診断テスト」無料プレゼント

  3. ヨガで呼吸を深められない人が、ついついやってしまうこと

  4. Deep Breath Yoga美ボディメイクコース開始しま…

  5. 【満員】→【増席】Deep Breath Yoga2days…

  6. 痩せたいと思っていた頃の話|ヨガ哲学