結局、最後は呼吸!呼吸と自分との深い深い関係

こんにちは!
Deep Breath Yoga講師の角田舞です。

先日募集した「Deep Breath Yoga解剖学講座」ですが昨日で先行予約が終了し、合計10名様と学ぶこととなりました♡(今回はヨガイントラさん以外の方もたくさんいらっしゃって、今からワクワクしております)


↑画像をクリックすると詳細ページに飛びます!

開催前にも関わらず、嬉しいメッセージが♡

受講いただく方に皆様に「呼吸解剖学で、どんなことを学びたいですか?」とお聞きすると

「深い呼吸は自律神経を整えます」というワンパターンの教え方をレベルアップさせて、生徒さんの身体を呼吸法で変えてみたい!とのこと。

そうなのです、呼吸を深めることが体や心に良い影響を与えることは分かっていても
具体的にどんな効果があるのか?実感していないと、大切な生徒さんに伝えることは難しいのです・・・。

そこで今回は、深い呼吸改め深層呼吸の効果(私自身が経験したこと)を紹介します!

深層呼吸の効果効能

深層呼吸の効果効能は大きく分けて2つあります。

①アーサナの効果効能を最大限引き出せる
②「瞑想」に入りやすくなる

 

まず1つめ呼吸を深める深層呼吸は、アーサナの効果効能がぐっとあがります!

深層呼吸で実践するのはポーズの練習をただただするのではなく、呼吸が深まる体の使い方を徹底的に体に落とし込みます。

特に私が大切にしていることは、関節を安定させることです。

ヨガのポーズは関節をあらゆる方向に動かし、普段であれば経験しないようなことを経験することが醍醐味の一つです。そのうえで大切にしたいのは、関節の可動域です。

上の図は一例ですが、人間の体は骨の形や構造上、ここまで動きますよ~という「参考可動域角度」というものがあります。

ヨガのポーズで可動域以上の動きをしてはいけない!というわけではなく
自身の可動域を知ったうえで経験することと
ただただポーズを練習するでは感じ方は、全く違います。

そして、関節を安定させる体の使い方をすることで関節をまたぐ様々な筋肉が連動して正しく動きます。

筋肉が正しく動くと血流があがり体温、代謝、免疫力、柔軟性が自然とあがりアーサナの効果効能を実感しやすくなるのです。

なので、アーサナの効果を引き出したいのであれば
ポーズそのものを練習するのではなく、呼吸が深まる体の使い方によってポーズの世界観を楽しむ
というのが私が提案したい深層呼吸のメソッドの一つです。

(私が得意なのは、呼吸が深まるポジションに整えること♡
1人1人違うからこそアプローチ方法は違うので、それも楽しいのです)

そして呼吸が深まる先にあるのが「瞑想」です。

自分にとって深い呼吸ができると、極限の集中状態に入ります。
(私の体感としては、極限の集中状態であると同時に冷静な状態にいる、そんな不思議な感覚です。)

この状態は瞑想への扉を呼吸によって開こうとしている瞬間
そして瞑想は、私たちの脳に様々な影響を与えます。

極限の集中状態の中にも、どこか深層から気持ちよく、満たされている不思議な感覚・・・。

そして瞑想には色んな種類があって、色んなアプローチ方法があります。
深層呼吸では瞑想への扉を開くために、2つのアプローチを体系化しています。

それは内側へのアプローチと外側へのアプローチです。

内側へのアプローチは、自分を受け入れ許すこと。
それを一言でいうと、【自分と両思いになること】

私の周りにいる方は、自分の夢を叶えたいと願う女性ばかり。
中には自身で起業して独立を目指す方も。
そんなあなたに伝えたいのは

相手と両思いになる前に、まずは自分と両思いでいましょう。

未来の生徒さん、今の生徒さんと両思いになりたいなら
自分と両思いになることです。

自分と両思いになっていないのに相手と両思いになるということは
LEVEL1で武器や装備が全くない状態で、いきなり最終ボスに挑むのと同じようなこと。

でも、自分と両思いになれなくて悩んでいる方も多いのが事実です。

実際に私自身が長年できなかったことです・・・

だからこそ、瞑想への扉を開く2つ目のアプローチ方法として
能動的に自分とつながるための行動(外側からのアプローチ)をすることです。

私自身
「自分を大切にしよう」
「自分に優しくしよう」
という信念を大切にするあまり
自分を大切にすることと、自分を過保護にすることをごちゃ混ぜになっていました。

ちょっとでも失敗したら、もうや~めた。
皆が危ないというから、これ以上は進まない。
あぁこのパターンね、私にはやっぱり無理だ。

休むこと、遊ぶことだけが、自分を大切にすることではありません。
あなたの深層の想いを胸に信念に向かって進むことも、あなたを大切にすること。

なので、瞑想への扉を開くために
呼吸が深まる体の使い方を学び、実践する。
これは私たちが主体的に瞑想への扉を叩くということ。

能動的に

受動的に

2つのバランスが取れたとき、扉が開きあなたの深層の想いをキャッチできます。

あなたには無限大の可能性がある。
可能性に気づいたとき、そこから初めて相手や世界とつながることができます。

あなたの深層の想いから出てくる夢や希望はなんですか??
少しでも聞こえてくる声があれば耳を傾けてみてくださいね♡

満席→増席
アーサナの効果効能を最大限に引き出す

「Deep Breath Yoga 解剖学講座(基礎・応用コース)」
今期は特別プレゼントも用意しています!


↑画像をクリックすると詳細ページに飛びます!

 

関連記事

  1. 考えるな!感じろ!が全く分からなかった話

  2. 「深い呼吸」改め「深層呼吸」

  3. 「本音が分からない」という方へ マジで伝えたい法則

  4. 呼吸のプロが実践!「手放した3つのこと」

  5. 理想の呼吸に近づく方法

  6. 積み重ねた呼吸は、あなたの戦力になる