体験しなければ分からない「理想の呼吸」 | 千葉市花見川区ヨガスタジオdearly me ディアリーミー

体験しなければ分からない「理想の呼吸」

こんにちは!
Deep Breath Yoga講師の角田 舞です。

先日のインスタLIVEは

ご覧いただけましたでしょうか?(*^^*)

 

インスタLIVEまとめ

▼たった3ヶ月で体はもちろん、心と思考も蘇る深層呼吸
https://www.instagram.com/p/CZVnRMSl3_k/

▼なぜ行動しているのに、負のスパイラルから抜け出せないのか?
https://www.instagram.com/p/CZeZGIilEdp/

▼呼吸を大切にすることで、人生が変化した生徒さんのお話
https://www.instagram.com/p/CZnUQcUhBzS/

 

私がインスタLIVEを始めた理由は

主に2つありまして。

 

 

 

1つ目は・・・

 

 

時間が足りん。

ちーん(;・∀・)

 

 

 

普段、

生徒さんとは限られた時間の中での

セッション&レッスンとなるのですが

ど~しても時間が足りなくって(:_;)

 

 

だからと言って

 

ただただレッスンやセッションの

時間を増やすのも違うと思うし

(生徒さんも私も、時間は有限なので有効的に使いたい)

 

 

パーソナルからグループに切り替えるのも違うし

(両軸を進めることも考え中ですが、
基本1対1のコミュニケーションで
生徒さんの深層の想いを大事にしたいのが私の本音。)

 

 

どうしたものか~と

考えていたんですよね。

 

 

 

 

 

そして、

2つ目の理由は・・・

 

 

 

気付いちゃった、

私、文章書くより話す方が好きだわ。

ちーん(;・∀・)(2回目)

 

 

起業してからコツコツ

ブログ、SNS、メルマガを続けていて

 

 

そのおかげもあって

「深層呼吸」を必要とする人が

集まり、徐々に輪が広がりつつあるんです。

いやだってね、ブログ始めた当初は生徒さん0人だったのよ?
ほんとーにありがたいことや・・・(;_:)

 

 

 

ブログを読んでくださった方が

「共感しすぎて泣きました」

「舞さんの過去の葛藤が痛いほど分かります」

と言ってくださることもたくさんあって。

 

 

私は決して、

文章を書くのが上手でもないし

 

プロのデザイナーさんみたいに

一目で引き付ける発信も出来ないけれど

 

 

 

自分の想いを言葉にすることは

得意かも・・・!?

 

と気づきました。

 

そして、

 

過去葛藤していた

当時の自分へ向けた言葉は

とめどなく溢れて止まらないんです。

 

 

 

だからこれからは、

文字や文章で情報を

発信していくことはもちろんだけど

 

 

 

自分が好きな「話す」ことを

積極的にやりたい!!!

 

そう思っています!(^^)!

 

 

皆さんは今、

自分の熱い想いを伝える場所はありますか?

 

 

もしその場所があれば、

自分の想いと相手の想いが重なることを

発信していくと良きですよー!!!

(間違っても、過去の私のように、自分の想いだけを一方的に発信しないように注意です(>_<))

 

 

 

そうなると色んな循環(集客、お金、エネルギー)が巡って

自分らしく生きる環境が

自分で作れると思います!(^^)!

 

 

 

 

 

今期のブレリストメンバーにも

自分らしく生きる環境を広げるために

色んな循環を巡らせたいという気持ちを

しっかりと形に残していきたいと思います♡

 

 

 

理想の呼吸をするためには

さて、

前置きが長くなったのですが

今日のテーマは理想の呼吸について。

 

 

結論から言うと

 

理想の呼吸とは、

自分にとって自然な呼吸

 

です!!

 

 

 

自然な呼吸とは、

状況に合わせて適切に

吸う・吐くができる呼吸。

 

 

例えば、

全速力をしても穏やかな呼吸をしていたり

ただ立っているだけなのに呼吸が乱れていては

 

とても自然な呼吸とは

言えませんよね( ;∀;)

 

 

ヨガレッスンでも

「深く吸って~、ゆっくり吐いて~」

と呼吸を深めようと意識しますが

 

 

 

無理やり吸ったり吐いたりするのでは、

自然な呼吸とは言えません。

 

 

そして、

 

理想の呼吸とは

ただただ深呼吸するわけではありません。

 

 

 

その時の状況や、

体の特性や心の変化に合わせて

自然な呼吸を行うためには

 

 

呼吸に必要な筋肉がほぐれ

使える状態にするのが理想的。

 

 

ところが、

多くの人は呼吸に必要な筋肉を

1/4ほどしか使えていないという

データもありまして。

 

 

これは、

 

スポーツをして体を鍛えても

ヨガを長年続けても

呼吸は勝手に深まらない

 

ということ(;_:)

 

 

 

ではでは、

呼吸に必要な筋肉に

フォーカスを向けていきましょう!

 

 

 

それは、

胸郭周りの筋肉達

※胸郭とは胸椎 (きょうつい)

肋骨 (ろっこつ) および

胸骨で囲われた部分のこと

 

 

 

ここで重要なのは

 

 

胸郭からの体の繋がりを

知っておくこと

 

体を動かす上で必要な筋肉や骨は

別で存在するのではなく

つながりをもっています。

 

 

 

つまり、

 

呼吸筋をしっかりと使いたいのであれば

筋肉単体を見るのではなく

全体を見ることが大事なのです。

 

 

ほんの一例ですが、

胸郭周りの筋肉の一つ

横隔膜の筋肉のつながりを

見てみましょう(*^^*)

 

 

横隔膜は、

腹横筋・多裂筋を介して

骨盤底筋とも連動しています。

 

さらに骨盤底筋は、

内もも(内転筋群)から

足先まで繋がり連動しています。

 

 

つまり横隔膜は

 

体全身(特に脚)へ繋がり

連動しているということ。

 

 

 

理想の呼吸をするためには

体の一部だけに

フォーカスをするのではなく

 

体全体の使い方を整えることが

意外な近道なのです!(^^)!

 

 

ちなみに・・・

理想の呼吸を実践し続けると

自分らしい体に出会えますよ♡

 

 

 

 

 

と、いうわけで

現在新しい講座を作成中です!(^^)!

題して・・・

 

 

\たった1か月で/

生徒さんが感動&喜び

リピート率が格段に上がる集中講座

~深層呼吸ver~

 

 

ですーーーー!!!!(^^)

 

 

 

 

生徒さんに感動を与えるレッスンや

リピート率を上げるノウハウって

正直、どこでも転がっているのですが

 

 

呼吸を通じて

大切な生徒さんに感動してもらえて

さらには自然とリピートしてもらえるのは

 

私がお伝えしている

【深層呼吸】のメソッドだけだと

自信を持って言えます。

 

 

そして今回は、

 

 

 

ヨガ講師さんへ完全マンツーマン

深層呼吸のメソッドを

お伝えしようと思っていますー!

 

 

なので、

深層呼吸のメソッドをご自身で体験しながら

具体的にあなたの大切な生徒さんに

呼吸を深める伝える方法も

しっかりアドバイス出来ればと思っています(^^)

 

 

 

 

募集までもう少々お待ちください♡

 

あ!あとあと、

この集中講座を開催するにあたって

インスタLIVEも開催します!(^^)!

そちらもご案内も

楽しみにしててくださいー♡

 

▼募集は公式LINEから開始します!
https://lin.ee/OK014VV

 

 

今日も最後までご覧いただき、

ありがとうございました!

関連記事

  1. 考えるな!感じろ!が全く分からなかった話

  2. コツコツ行動し続けることが出来ない自分に劣等感感じている人、…

  3. 苦しい時こそ、呼吸

  4. 理想の呼吸に近づく方法

  5. あなたはどっち?心を大事にした働き方を目指すときのつまづきポ…

  6. 頼れる呼吸が私たちの新しい味方