呼吸を深めるコツ!プチ解剖学

こんにちは!
先日無事開催した腸活ヨガイベントですが

4名様がご参加くださり
終始和気あいあいと和やかな雰囲気でした^^

今回は「腸活」がテーマだったため
ヨガでは腸活のキーポイントである、自律神経のバランスを整えるという観点から
「深い呼吸」について学んでいただきました。

特に参加者様が関心を持って聞いてくださった
『深い呼吸をするための身体の仕組み』について
簡単に紹介させていただきますね♡

呼吸のキーポイント「横隔膜」

いつも無意識に行っている呼吸は、筋肉が関与しているのですが
その主な筋肉の一つが
横隔膜
※横隔膜は胸の下あたりにあるドーム型の筋肉です。

呼吸をするときに横隔膜は上下に動くのですが
その仕組みがこちら↓
※画力のなさに泣く・・・

【吸気】
外肋間筋と横隔膜が収縮(横隔膜が下に下がるとイメージ)

胸が広がる

肺に空気が入る

【呼気】
外肋間筋と横隔膜が弛緩(横隔膜が上に上がるとイメージ)

肺が縮む

肺から空気が出る

横隔膜の動きがスムーズになったり、
横隔を意識した呼吸をすることで
深い呼吸へとつながっていくのですね^^

そして、大きく呼吸することで様々な筋肉を使っています。
例えば

・胸鎖乳突筋
・内肋間筋
・腹直筋
・外腹斜筋
・腹横筋
・骨盤底筋 ・・・などなど

日常生活で意識していくことで、筋肉はもとより、
身体もリラックスできるので
忙しい方も1日5分だけでもいいので意識してみてくださいね!

今日はここまで!
最後までご覧いただきありがとうございました♡

 

関連記事

  1. 【満員】Deep Breath Yogaアドバンス講座開催レ…

  2. 怪我をしない・させないヨガを続けるための2大ポイント

  3. 2ヶ月でここまで体は蘇る!「深い呼吸」の秘密大公開

  4. 結局「深い呼吸」ってなんだろう??

  5. 「深い呼吸」改め「深層呼吸」

  6. あなたは本当の”Deep Breath(深い呼吸)”を知って…