なんでレッスンを継続してもらえないの?という方へ、もっとできるかも♡

こんにちは!
Deep Breath Yoga講師の角田 舞です。

今日も朝からセッション、レッスン、講座をしているのですが

そこで気づいたことがあって、今日はそのお話をしたいなーと思ってます!(^^)!

 

題して・・・

「パーソナルヨガを提供しても、生徒さんに成果を出せない!」

「パーソナルヨガを提供しても、中々継続してくれない!」

というヨガ講師が、よく陥る落とし穴

ここ最近、

 

・パーソナルヨガをしたいけど、本当に生徒さんに満足してもらえるのか不安でいつまで経っても行動できない

・パーソナルヨガを提供しても、中々継続してもらえず、結果、生徒さんの変化もゼロ

というお悩みを持つ方の話を聞きます。

 

 

 

私のパーソナルレッスンはものすんごい、たくさんの人に受けてもらっているわけではないのですが

でも、

1度レッスンを体験した方は、高確率で継続してくれます。

即日継続といかなくても、何か月か経って戻ってくるという人も多くいらっしゃいます!(^^)!(大歓迎♡)

 

 

だから、

レッスンや講座の予約は1か月先まで満枠の状態でして。

 

 

しかも、私の元に集まる人は愛があって、気が合ってとーーーっても素敵な人ばかり( ;∀;)

(ありがたや・・・)

 

 

 

とはいえ、私も最初から良い流れをつくれたわけではぜんっぜんなくって(:_;)

 

 

パーソナルレッスンを始めた当初は、常に閑古鳥が鳴いてたし継続する人なんて、ほぼ皆無だったわけで。

 

 

そんな私が1年未満で、今の流れに移すことが出来たのはあることを意識したからなんです!(^^)!

 

 

結論から言いますと・・・

 

①コンセプトを見直した
②1回のレッスンでも、感動を与えるように意識した
③体の個性を分析できるようにした

 

これらを抑えたんですー!(^^)

 

 

今回のメールで、全部お伝えすると長くなっちゃうので

(どれも超大事なのですがっ!)

 

 

今日は

①コンセプトを見直した

についてお話ししていきますね!

 

 

でねでね、

すっごく根本的なお話になるんだけども

 

あなたはなぜ、

パーソナルヨガを選んだのでしょうか?

 

なぜ、

パーソナルトレーニングではないのでしょうか?

 

 

 

 

だってだって、生徒さんの体に変化をもたらしたい!と思うのであれば

ヨガにこだわらずに、トレーニングに特化したレッスンをすればいいですよね?

ボディメイクに特化したコンセプトで、活動すればいいですよね?

 

でも、

そうではなくて、あくまで

「パーソナルヨガ」を伝えたいと思う、あなたの根底の想いはなんなのでしょうか?

 

 

私自身は、「パーソナルトレーニング」ではなく「パーソナルヨガ」を伝えたいと思って今日に至ります。

 

 

 

その根底の想いとは・・・

 

 

 

バリバリのボディメイクに特化した、パーソナルレッスンはやりたくない!!!

という想いでした(;・∀・)

(はい、正直に言っております)

 

私は当初、ボディメイクの目的でヨガを始めたこともあって、新米ヨガインストラクターだったときは

とにかく、

バリバリに、バチバチに(笑)

体の変化を求めるヨガを、伝えていたんです。

(元々体を動かすことは好きだから!というのもあるんですけどね。) 

 

 

だから体の知識を深めるよりも、とにかく

動く!動く!動く!

 

そして、

体の使い方というよりも、ポーズの効果効能にこだわって伝えていました。

 

でも、それと同時に

 

ヨガはトレーニングではない

ヨガはエクササイズではない

 

とも思っていたので、

 

まぁ~長年、

自分の想いがごちゃごちゃのまま

何度も何度も葛藤していたわけです(>_<)

 

 

 

生徒さんの体にしっかりと成果を出したい!

 

でもその反面

 

ヨガでボディメイクって、なんか違くないか?

 

 

この考えが錯綜とする限り、

パーソナルヨガをやるぞ!

と意気込んで始めても

 

 

自分の伝え方も中途半端だし、

どこまで伝えたらいいのか分からないまま。

 

 

これが冒頭で伝えた

①コンセプトを見直すこと

の重要性なんですよ。

 

 

コンセプトがふわふわな状態だと

レッスンを受けた生徒さんからみても

 

 

 

気持ち良かったし、

すっきりしたけど、

継続するまではいかないな~

 

 

 

てな感じで、1回きりのレッスンで終わっちゃったんですよね(:_;)

 

 

 

 

私の場合、

パーソナルレッスンを始めた1年前は

 

 

継続率が壊滅的に低くって、レッスンを繰り返すたびに自尊心が低くなってたんです(:_;)

 

 

一回のヨガレッスンで、すっきりしてもらうことはもちろん嬉しいけれども

 

 

ヨガを愛し、ヨガの可能性に気づいている私たち講師たちの想いって

 

1回だけ受けて、すっきりする、そんな単純なものじゃないと思うの。

 

 

それをね、

「○○さんが、もっと真面目に通ったら変わるのに」

「ヨガはトレーニングじゃないんだから、○○先生みたいに、ボディメイクに特化したヨガなんて伝えたくない」

 

他責にしたり

 

「やっぱり私にはヨガを伝える資格なんてないんだ」

「もっと私に人の体を正しく見る能力があればいいのに」

 

自己否定をし続けたりしても

 

 

 

いつまで経っても、自分が本心から伝えたいヨガを伝えることは出来ないんです。

 

 

 

じゃあ私が本心から伝えたいヨガはなにか・・・?

と、考えたときに

 

バリバリのボディメイクに特化したヨガでもなく

ただただリラックスできるヨガではなく

 

大切な生徒さんの人生が、より良くなるためのヨガ

だったんですよね。

 

 

 

あ、

誤解してほしくないのが

ボディメイクに特化したヨガがだめ!

ただただリラックスできるヨガがダメ!

ということはないんですよ!!

 

 

NGなのは、

自分の想いをガン無視して、効果がありそうなコンセプトに一時的に食いつくこと

です!!!

 

 

最初のころは、

ま~ざっくりとしてた私のコンセプトが

 

 

ある時、ピーン!ときたのが

「呼吸」というワードだったんです。

 

 

呼吸に特化したヨガであれば、

 

無理なボディメイクではなく、

自分らしい体づくりが自然と出来るし

 

思考へのアプローチも織り交ぜながら

思考のブロックを自ら外すことができるし

 

 

まさに、

 

私が伝えたいことが「呼吸」で表現できるんじゃないか!

 

そして、

 

「呼吸に特化したヨガ」で、困っている人を助けられるのではないか!?

 

 

そう確信したからこそ

無意識に「呼吸」というワードを、選んだんだと思うのです。

 

 

 

でねでね、ここ最近、またまた研究を重ねて、生徒さんに呼吸の体験をがっつりしてもらって

嬉しい変化をたーーくさん実感していただいてて(:_;)

 

 

今までは、

生徒さんを私が変えよう!!

 

というベクトルだったのが、「呼吸」をコンセプトにすることで

生徒さん自身が気づいて

自分で変化して、日々活き活きしているのが

もう、嬉しくて嬉しくてたまらない。

 

 

 

呼吸は、一人一人の可能性を

広げることが出来る!!!

 

 

漠然とでもいいんです。

もしもあなたが感じるのであれば、

その想いに蓋をしないでほしい!

そう願う限りです。

 

 

呼吸の大切さを知っている、あなたならきっとそれが出来るはずです♡

 

 

次回は、呼吸に特化したレッスンで生徒さんに感動してもらえる方法を、お伝えしますね~!!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました♡

 

▼公式LINEはこちらから
https://lin.ee/vvHGOzp

 

メルマガ登録はこちらから
▼クリックすると詳細が見れます!

関連記事

  1. 私が独立しようと思った本当の理由

  2. 理想の呼吸に近づく方法

  3. 【保存版】心を仕事にしたい人へ送る、オリジナルメソッドの作り…

  4. あの時勇気を出してよかった!

  5. わがままと自由の違いって、なに?

  6. 点と点は必ず一つの線になる