【解説】ヨガを続けても、トレーニングをしても呼吸が深まらない理由とは!? | 千葉市花見川区ヨガスタジオdearly me ディアリーミー

【解説】ヨガを続けても、トレーニングをしても呼吸が深まらない理由とは!?

こんにちは!角田 舞です。

39842_0f0a7864

今日もブログをご覧いただき

ありがとうございます(^^)/

 

最近実は、

お仕事が捗る方法を

模索中でして^^

 

それが結構面白くって、

自分の体を使って模索しているので

 

人体実験をしているといっても

過言ではないのですが(笑)

 

 

 

その方法の一つが、

 

ポモドーロ・テクニック

 

でして。

 

 

 

超絶簡単に説明すると、

 

・25分の間集中

(途中で電話やメールはさわらない)

・5分の休憩

(目を閉じて呼吸をしたり、体を少したり、だらだらして休む)

※私はスマホのタイマーを使ってやってます。

 

これを繰り返すことで、

仕事の生産性を上げる必殺技

とも言われている方法だそうで。

 

 

 

私はこれを繰り返す中で、

 

・何分間集中すれば自分らしく働けるのか、

・どんな休息をすれば優しい頑張り方へ移行できるのか、

 

 

みたいに、

とにかく、

自分の体と心に問いかけながら

実践しているんです^^

 

 

どんなノウハウもやり方も

最終的には自分でまずは試して、

より良い方法にアップデートする

 

 

 

というのが、

私が大事にしたい

ポリシーなのかもしれません(^^)/

 

 

 

私の日々の仕事の中には、

細かい事務作業や

こうした文章や

 

シナリオをつくったりもする

多岐にもわたる作業が多くて、

(というか好きだからやりたいんだけどもww)

 

 

一旦集中すると

何時間でもやっちゃって、

 

そのあとの疲労感が半端なくて

しんどかったんですよ~~(:_;)

 

 

やっぱりやっぱり生産性を

上げることも大事だし、

 

 

それ以上に、

 

 

いかに自分の働き方を

心地よい状態にするかも

めちゃくちゃ大事ですよね^^

 

 

 

自分の働き方・生き方を

よりアップデートする時間は

結構面白いので、

 

 

良かったら、皆様もお試しください♡

 

 

 

理想の呼吸をするためには

さてさて、

前置きが長くなったのですが

 

 

今日のテーマは

 

 

 

理想の呼吸

 

 

について。

 

 

 

あなたにとって

理想の呼吸とは、どんな呼吸ですか??^^

 

 

 

 

ぜひイメージをしてもいいし

実際に今、理想の呼吸をしても

大丈夫ですよ!!

 

 

 

 

 

 

 

・・・

ではでは、

私が考える「理想の呼吸」

についてお話ししますね^^

 

 

結論から言いますと、

 

理想の呼吸とは、

自分にとって自然な呼吸

 

です!!

 

 

 

 

 

自然な呼吸とは、

 

 

状況に合わせて適切に

吸う・吐くができる呼吸。

 

 

例えば、

全速力をしても、

穏やかな呼吸をしていたり

 

 

ただ立っているだけなのに

呼吸が乱れていては

 

 

 

とても自然な呼吸とは

言えませんよね( ;∀;)

 

 

 

 

呼吸に重きを置く、

ヨガレッスンでも

 

「深く吸って~、ゆっくり吐いて~」

 

と、

呼吸を深めようと意識しますが

 

 

 

無理やり、

吸ったり吐いたりするのでは、

 

自然な呼吸とは

言えないんです・・・!><

 

 

 

 

理想の呼吸とは、

その時の状況や、

体の特性や心の変化に合わせて

自然な呼吸を行っていくので、

 

 

呼吸に必要な筋肉がほぐれ

使える状態にするのが

理想的なのです^^

 

 

 

 

ところが!!!!

 

多くの人は呼吸に必要な筋肉を

1/4ほどしか使えていないという

データもありまして(*_*)

 

 

これは、

 

 

 

スポーツをして体を鍛えても

ヨガを長年続けても

呼吸は勝手に深まらない

 

 

 

ということにも

繋がるんですよね。

 

 

 

私の元に

お悩みとして届くのが

 

 

ヨガ講師をしていても

自分がうまく呼吸が出来ない!

 

 

とか、

 

 

ちゃんとトレーニングしているのに

ちゃんとヨガをやっているのに

いつまで経っても呼吸に苦手意識がある

 

 

という方が

意外と多いんですよ(汗)

 

 

でもこれって、

呼吸の仕組みから見ると

必然なんですよ(^^)/

 

だから、

1人で悩まなくても

大丈夫なのです♡

 

 

 

 

じゃあじゃあ、

理想の呼吸をするために

少し体の仕組みを

ご紹介しましょう^^

 

 

 

こちらの図は、

 

胸郭周りの筋肉達

 

です!!

※胸郭とは胸椎 (きょうつい)、肋骨 (ろっこつ) および胸骨で囲われた部分のことですー!

 

 

 

胸郭とは、

肺を覆う場所のことで、

 

一般的には、

 

呼吸を深めるときは

胸郭周りの筋肉を

ほぐしたり、しっかり使うことを

推奨しているんです。

 

 

もちろん、

それも大事なことなのですが

 

 

もう一歩、

理想の呼吸に確実に近づく方法として

おすすめなのが

 

 

 

 

胸郭からの体の繋がりを

知っておくこと

 

 

そうなんです、

体を動かす上で必要な筋肉や骨は

 

 

 

別で存在するのではなく

つながりあっているんです。

 

 

 

つまり、

呼吸に関与する筋肉

=呼吸筋

をしっかり使いたいのであれば、

 

 

 

筋肉・骨単体を見るのではなく

全体を見たうえで使う

 

 

ことが大事なんですよ!

 

 

 

ほんの一例ですが、

胸郭周りの筋肉の一つ

 

横隔膜の筋肉のつながり

を見てみましょうか(*^^*)

※横隔膜は呼吸の筋肉の代表選手のような役割を持つ筋肉ですよー!

 

 

横隔膜は、

腹横筋・多裂筋を介して

骨盤底筋とも連動しています。

※骨盤底筋とは、女性にとって大切なインナーマッスルの一つです!

 

 

 

さらに骨盤底筋は、

内もも(内転筋群)から

足先まで繋がり連動しています。

 

 

つまり横隔膜は

 

 

 

体全身(特に脚)へ繋がり

連動している

 

 

 

ということ!

 

 

だからこそ、

理想の呼吸をするためには

体の一部だけに

フォーカスをするのではなく

 

 

 

体全体の使い方を整えることが

確実に呼吸を深める

大切な近道なのです!(^^)!

 

 

 

 

ちなみに・・・

理想の呼吸を実践し続けると

自分らしい体にも出会えますよ♡

 

 

 

というわけで、

理想の呼吸の総まとめですが

 

 

まとめ

・理想の呼吸とは、
呼吸に必要な筋肉がほぐれ、使える状態であること。

・呼吸とは体の全身運動。
呼吸筋をしっかりと使いたいのであれば、
筋肉単体を見るのではなく、全体を見ることが大事。

 

 

ぜひ、

参考にしてみてください^^

 

 

今日も最後までご覧いただき

ありがとうございました♡

 

◆無料セミナー◆
70名以上が受講中!
”呼吸のレッスンが出来るようになる”呼吸革命メール講座

無料セミナーはこちらをクリック

◆無料セミナー◆
130名以上が受講中!
”呼吸のヨガ”で豊かになる方法を見つけませんか?

無料セミナーはこちらをクリック

◆無料オンラインサロン◆
マニアックな呼吸の学び舎🎓💓

無料オンラインサロンはこちらをフォロー

 

◆現在募集中講座◆
残り1名様
心を大事にしながら安定収入&やりがいある働き方を
目指すビジネスアカデミー

詳細はこちらをクリック

無料説明会はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 「本音が分からない」という方へ 本気(マジ)で伝えたい法則

  2. 私が「深層の想い」をベースに生きるワケ

  3. 頼れる呼吸が私たちの新しい味方

  4. <保存版>ターゲットが絞れなくて迷う~!!時の解決策

  5. 理想の呼吸に近づく方法

  6. 私が独立しようと思った本当の理由