結局「深い呼吸」ってなんだろう??

こんにちは!
Deep Breath Yogaの角田舞です。

先日Deep Breath Yogaを継続された生徒さんから、こんなメッセージをいただきました。

まいさんから何度か講座やレッスンを受けさせてもらうたびに、

ポーズを追うものから呼吸を探すものへと変化しました!

温かいメッセージありがとうございます!!

そうなんです、私が提案するヨガで行う「深い呼吸」は

アーサナの形を追い求めるのではなく、
呼吸を深めるための方法を常に探します。

この言葉を初めて聞く方は
「え??呼吸を深めるための方法ってななに??
ポーズを取れば深まるんじゃないの??」

と疑問を持つと思います。
(以前の私だったらこう思います笑)

今回はこの言葉の意味と、呼吸解剖学を絡めた解説をしていきますね~!

そもそも「深い呼吸」とは??

「ヨガといえば呼吸、呼吸といえばヨガ」

呼吸を深めましょう、呼吸を意識しましょう

吸って○○して~、吐いて○○して~

こんな言葉を聞いたり、ヨガインストラクターであれば言ったりと・・・

どんなヨガレッスンでも欠かせないのが「呼吸」です。

では、ヨガで呼吸を深める」とは具体的にどういうことなのでしょうか?

たくさん息を吸って、たくさん息を吐くことでしょうか?
頑張って一生懸命、深呼吸を繰り返し続けることでしょうか?

想像するだけでも、なんだか息苦しさを感じますよね(汗)

本来、ヨガで「呼吸を深める」ことは
とーーーっても気持ち良いもの。

ポーズ中「あぁ、ずーっとこのままでいたいな~」と感じたり

極限の集中タイムに突入し、不思議な充実感を感じることも多々あります。
(感じ方は人それぞれだと思うけど、生徒さんからは「なんか一瞬不思議体験した!!」と驚かれることもあります笑)

さて、私が考える深い呼吸とは・・・

「胸式呼吸と腹式呼吸の2つをうまく連動させること」です!!

もう少し詳しくお伝えすると、
胸式呼吸と腹式呼吸、それぞれを深めていくということ!
(もちろん、出したい効果やアーサナ・流派によって比重が変わったりもするんだけど、その話はまた別の機会に・・・)

どちらの呼吸も深めることで初めて「深い呼吸」を実践できるのです。

じゃあ、具体的にどうすればいいのか??

 

ずばり!!結論から言うと

胸式呼吸を深めるためには、
腕全体の使い方を整えましょう

腹式呼吸を深めるためには、
足全体の使い方を整えましょう

これはつまり・・・

体全身を機能的に使うこと=深い呼吸

とも言い換えられます。

アーサナの形を一生懸命練習し続けても、
いまいち「呼吸を深める」ということを実感できない方は

体全身を機能的に使うことが出来ていない可能性があります。
(以前の私はまさにその状態で、にっちもさっちもいかない状態でした~(泣))

胸式呼吸と腹式呼吸って??

ヨガでは当たり前のように聞く「胸式呼吸」と「腹式呼吸」ですが、改めて意味をおさらいしてみましょう。

胸式呼吸とは・・・胸の空間(胸腔)で呼吸をすること

腹式呼吸とは・・・お腹の空間(腹腔)で呼吸をすること

下の図を参考にしてくださいね↓

ちょっと余談ですが、たまに
「胸式呼吸と腹式呼吸を別々に出来ないんのですが、どうしたらいいですか?」
と聞かれますが・・・

出来なくて当たり前です!!!
大丈夫!!!

なぜなら、
胸式呼吸をしても、
腹式呼吸をしても、
共通する「横隔膜」は連動して動いちゃうから。

胸の空間(胸腔)とお腹の空間(腹腔)を完全に分けることは出来ないとも言えますね^^

(ただし、流派によって、目的によって、どちらかの呼吸をメインで行うことはあります。それにもちゃんとした理由があるはずです♪気になる方は調べてみると面白いですよ!!)

 

さてさて、本題に戻りますと・・・

私が考える深い呼吸とは・・・

胸式呼吸を深めるためには、腕全体の使い方を整えることが大事

腹式呼吸を深めるためには、足全体の使い方を整えることが大事

この理由は、体のつながりを見ていくと分かりやすくなります。

例えば胸式呼吸の場合は、
肋骨の上側(肋骨上部)の動きがスムーズに
かつ大きく出来るようになると深まります。

肋骨上部は肩甲骨→腕→指先に繋がっています。
(体を後ろから見ると分かりやすいですね)

つまり胸式呼吸は

指先から腕全体の使い方を整える

肋骨の開閉運動をサポート
+
骨にまたがる筋肉が連動して大きく動く

胸式呼吸が深まる

こういった流れが生まれます。

一生懸命ポーズをうまく取ろうとしても

「このポーズはこうだから!」とポーズの形にこだわったとしても

指先から腕全体の使い方がままならないと、
呼吸(特に胸式呼吸)を深めるのは至難の業なのです・・・。

とはいえ

自分自身で腕、足、体全身を機能的に使って呼吸を深めよう!

と思っても、とーーーーっても難しいもの><

私自身がそれを痛烈に実感しています・・・。

 

もっと「深い呼吸」を知りたい!
アーサナで「深い呼吸」をしたい!
「深い呼吸」で体の悩みを持つ生徒さんを救いたい!

こんな方へおすすめしたい

7月、8月開催決定!
アーサナの効果効能を最大限に引き出す

「Deep Breath Yoga 解剖学講座(基礎・応用コース)」

↑画像をクリックすると詳細ページに飛びます!

◆基礎コース◆
《平日》
7月20日(火)10時~12時、7月27日(火)10時~12時
《週末》
7月17日(土)8時~10時、7月24日(土)8時~10時
定員5名様→残り1名様

◆応用コース◆
《平日》
8月3日(火)10時~12時半、8月10日(火)10時~12時半
《週末》
8月7日(土)8時~10時半、8月14日(土)8時~10時半
定員5名様→増席→残り3名様

たくさんのお問い合わせありがとうございます♡
今から皆さんと一緒に学べることが楽しみです♪
いくつかご質問をいただいているので、回答いたします!

Q.日程が合わず参加できません。動画受講も大丈夫でしょうか?

A. 大丈夫です!ご参加が難しい方は動画受講も可能です。動画は参加者全員にお渡しするので、復習に是非活用してください!

Q.今まで「Deep Breath Yoga講座」に参加したのだけれど、再受講は可能?

A. 大歓迎です!今回お届けする内容は、4月、6月に開催したノウハウなどをさらにブラッシュアップしてお届けします♡
特に基礎コースは「体全身の9つのバンダ」、応用コースは「側屈の効果効能」「1時間の実践レッスン」を追加で行います!
今まで講座に参加してくださった方は、早割価格からさらにお値引きさせていただきますので、気軽にお問い合わせください。

 

私自身、まだまだ「深い呼吸」を研究中で進化中ですが
実際に「深い呼吸」から体感したことを、余すことなくお伝えします!

皆様とお会いできるのを楽しみにしています♡

関連記事

  1. 深い呼吸が実践できる人が必ずしていること

  2. 頑張り屋さん必見!良い姿勢が楽々手に入る方法

  3. ○○を伸ばし切ると、呼吸は深まらない!?

  4. 【満員】Deep Breath Yogaアドバンス講座開催レ…

  5. 2ヶ月でここまで体は蘇る!「深い呼吸」の秘密大公開

  6. ヨガを続けても呼吸がうまくできないのは、あなたのせいじゃない…