深い呼吸は○○を手放していこう!

こんにちは!
深い呼吸(Deep Breath Yoga)専門アドバイザーの角田舞です。

はじめましての方はこちらから

 

今回は私自身が

深い呼吸をするために手放したことについて紹介します!

 

これまでブログでは主に

深い呼吸をするためのHow to(やり方・方法)などを紹介してきました。

・こんな風に意識しましょう~
・これ取り入れたほうがいいよ~

といった、+αの要素ですね。

 

ですが!!

今回は手放すことにフォーカスを当てたいと思います。

\手放すと身体も心もかる~くなるよ♡/

この考え方は、ヨガの練習はもちろん

自分の生き方・在り方にも共通して言えることだな~
と感じております!


良かったら最後まで見てくださいね♡

手放したことその①

1つ目は、違和感を手放すことです!

例えばヨガの練習の時

なんか膝が痛いなぁ

なんかこのポーズうまくいかないなぁ

なんか気持ち良くないなぁ

こんな風に感じることありませんか?

私はありました!!!

この

なんか○○な気がする

な・ん・かが重要なサインなんです!

大切なのは

違和感をそのままに放置しないこと!
(キリッ)

 

身体に違和感を感じると

今は違和感がすぐに消えても、それは蓄積し続け

将来的に怪我につながることもあります。

そして不思議なもので

身体に違和感を感じると

身体とつながる心にも伝染します。

だから違和感が蓄積されると

身体だけでなく、心がもやもやすることも・・・

 

そもそも違和感を感じたままでは

深い呼吸をすることは難しいです。

 

本来深い呼吸って

とっっても気持ち良いものなんです。

うわ~よく分からないけど気持ち良い~

ずーっとここにいたいな~

こんな感情が、自然と生まれてくるんです♡

 

私は違和感って身体や心のサインだと思っていて。

誰だって大切な家族や恋人が

「助けて!」とサインを出していたら、

飛んで助けに行くと思いませんか?

なのに私たちは

自分の「助けて!」というサインを
聞かないようにしちゃいませんか?

 

なので違和感を感じたら、まずは

「どうしたの?」とそっと自分自身に
寄り添ってあげましょう♡

 

手放したことその②

2つ目は批判・非難・反省しすぎることを手放すことです。

先ほど説明した「違和感を手放すこと」とも連動するのですが

例えば、ヨガの練習をしていて違和感を感じているとします。

違和感を感じるのは、私の練習方法がダメなんだ・・・

違和感を感じないために、常に完璧でいなきゃ・・・

といったように

自分自身を責めすぎることは今すぐ手放しましょう~!

違和感を感じること=悪という考えは必要ないんです^^
(真面目な方や、勉強熱心な女性はあるあるだと思います)

 

 

色んなことを手放すと

自分が本当に好きなことに、集中することが出来るようになります。

私の場合は

身体の仕組みを勉強してみたり

身体の使い方を工夫してみたり

いろんな角度から研究に集中しました。

 

今まで腑に落ちなかったことが分かると嬉しい。

私の経験談をアウトプットすると喜んでもらえてさらに嬉しい。

また新たな勉強や学びをしていこう!

こんな風に

良い循環がぐるぐると回り続けるわけです♡

 

以前パーソナルヨガを受けてくださった方Aさんは

ヨガ初心者ながらも、自分自身と向き合い続けました。

最初こそは慣れないヨガに、違和感を感じていたものの

最終的には

身体の癖も息の入り方も鮮明に分かるようになった

身体と心の状態に合わせて調整しながらヨガが出来た

姿勢の変化も、脚の長さも、お尻や胸の位置も見るからに変化した

Aさんは、違和感を少しずつ解消し

自分の想いに真摯に向き合ったからこそ

深い呼吸が出来たのではないかなと私は思っています^^

まとめ
  • 深い呼吸をするためには、違和感を手放すべし!
  • 違和感=悪いことではない!自分を責めすぎ注意!

私自身、まだまだ色んな事を研究中で進化中です!

日々自分を高めながら
皆にとって豊かになる知識や知恵をお伝えできるよう
これからも楽しんでいきたいなと思っています♡

 

\満員御礼/

6月開催決定!
アーサナの効果効能を最大限に引き出す

「Deep Breath Yoga アドバンス講座」

↑画像をクリックすると詳細ページに飛びます!

※次回の開催は7月以降を予定しています。

 

 

関連記事

  1. 「深い呼吸」改め「深層呼吸」

  2. 深い呼吸が実践できる人が必ずしていること

  3. 怪我をしない・させないヨガを続けるための2大ポイント

  4. ヨガを続けても呼吸がうまくできないのは、あなたのせいじゃない…

  5. 頑張り屋さん必見!良い姿勢が楽々手に入る方法

  6. ムーラバンダ(骨盤底筋)は締めすぎ注意!?