30分で深い呼吸が実感できる秘密は!?

こんにちは!
Deep Breath(深い呼吸)専門アドバイザーのMAIです。
はじめましての方はこちらから

先日開催した「Deep Breath Yoga無料ミニ講座」で続々と嬉しいコメントが届いています♡

「花粉症で鼻が詰まって苦しかったのが、たった30分でしっかり呼吸が通るようになってびっくり!

「肩回りが楽になって、講座後の自主練がびっくりするほど安定して気持ち良かった!

「講座の前後で呼吸の入り方が全然違いました!深い呼吸の理論を分かりやすく教えてくれるのも嬉しい♡」

「最初は身体全体が硬く呼吸も浅かったのですが、最後は左半身がめっちゃ軽くなりました!

「わかりやすくてとっても良かったです!最後本当に深い呼吸しやすくて気持ち良くダウンドッグ出来ました♡

30分という短い時間でも「深い呼吸」の効果を実感してもらえて、皆さんの素敵な笑顔を見れて私もとっても嬉しかったです!

 

 

今回のブログでは

30分という短い時間でも

なぜ深い呼吸を即実感できるのか?

というお話をしたいと思います^^

 

その秘密はずばり!

身体全身の使い方を整えたからです。

 

そしてそれは言い換えると

骨から身体を動かすイメージを持つこととも言えます。

 

私たちの身体は約206個の骨で構成されています。

その骨と骨のつなぎ目にあたる場所が「関節」ですよね!

関節は部位によって、動かす方向が決まっています。

 

よって

それぞれの骨(関節)をどの方向に動かすか意識することが大事です。

 

これが先ほど伝えた

骨から身体を動かすというイメージを持つことです!

 

とはいえ

実際に骨を動かすのは骨にまたがっている筋肉

骨を正しい方向に使うことはすなわち

骨にまたがっている筋肉が連動して正しく動く

ということにつながります

 

そして、筋肉は血液を運ぶポンプのような働きをしてくれるため

筋肉が正しく動くことで、血流がアップします。

 

ミニ講座では

「骨の方向を正しく動かすこと」

にフォーカスをあてて、事前準備やアーサナの練習をしました。

(どの動きも誰でもできる超簡単な動きです♡)

 

それによって

筋肉が大きく動き血流がアップし、

短時間でも身体へのアプローチが最大限に発揮することが出来たのです♡

 

例えばダウンドッグ

「背中を伸ばすぞー!」と手でマットを押して、頑張ってアーサナを続けようとすると、表面上の筋肉ばかり使ってしまいます。

そうなると内側へのアプローチがうまく出来ないため

一向に深い呼吸が出来ず

苦しいアーサナになってしまうんです><

(もともと身体能力が高いアスリートタイプの方はできちゃうけど、私を含め大半の人はそうではないですよね・・・)

 

アーサナの形に自分の身体をはめ込もうとするよりも

ヨガで深い呼吸をするための

 

ちょっとした事前準備や

身体の機能に準じた全身の使い方を整えることで

いつも行っているアーサナが格段にレベルアップします!

 

「簡単なストレッチ2つでダウンドッグができたー!と感じました。気持ち良いなと初めて思えた♡感動です!」

と言ってくれたMさん♡私も嬉しいーーー!!!!

 

 

☑アーサナの形は取れるけど、いまいちアーサナの効果効能が分からない

☑深い呼吸が大事っていうけど、あまりにも漠然としていてよく分からない

☑具体的な事前準備や身体の使い方を知りたい

これらのお悩みを持つ方は

ぜひ一度「Deep Breath Yoga無料ミニ講座」受けてみてください♡

残り2回は空き枠増やしていますので、気になる方はLINEからご希望の日付を教えてください^^

・3月14日(日)9時半~10時 残り1席

・3月17日(水)9時半~10時 残り1席

公式LINEアカウント

======================
4月開催決定!
「深い呼吸が誘導できるDeep Breath Yoga 2days講座」
(先行予約は3/8(月)から公式LINEよりご案内)
======================

講座の詳細はこちらから

======================
3月開催中
「苦手なアーサナを1日で克服!~チャトランガ~」

======================

講座の詳細はこちらから

関連記事

  1. あなたの呼吸は深呼吸(しんこきゅう)?それとも辛呼吸(しんこ…

  2. 1回のレッスンで、力まなくても呼吸が深まる身体になっちゃう秘…

  3. 深い呼吸が誘導できる「Deep Breath Yoga 2d…

  4. 「自分ぴったりの深い呼吸診断テスト」無料プレゼント

  5. 「深い呼吸」はイメージするだけでは難しい!!

  6. ヨガイントラを本気でやめようと思っていた話